世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
前橋地裁の判決は少しおかしいのでは?
 平成29年3月18日 産経新聞 報道記事として、次のタイトルが掲げられています。

原発事故 国・東電に責任
 「巨大津波 予見できた」


前橋地裁、国と東電の責任認める 3855万円賠償命令 集団訴訟で初の判決
http://www.sankei.com/affairs/news/170317/afr1703170026-n1.html

産経新聞の記事要旨
東京電力福島第1原発事故の影響で福島県から群馬県に避難した45世帯137人が国と東電に計約15億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、前橋地裁であり、原道子裁判長は「巨大津波の到来は予見可能で、対策をすれば事故は回避できた」として、国と東電の責任を認め、計3855万円の賠償を命じた。
 全国で起こされている28の同種集団訴訟で初の判決。原告数は計1万2千人以上に及び、今後の各地裁の判断が注目される。

ここからは、私の考えた疑問です。
この判決は、これで決着すれば、原告137人に、15億円が支払われる事になります。
 裁判しなかった人には、支払われない事になります。
 他の裁判所でも、同様の裁判が行われていて、原告数は、12000人以上と書かれています。12000÷137×15=1313.89 の計算で、1313億円の賠償金が、東電と国に必要になります。

 なんだか、大きい数字に慣れていないのに、計算をしましたら、15億÷137=1094
一人、僅か1094万円です。亡くなられた方や全壊した家、インフラの損害を含めて、1094万円です。何度も計算をし直しましたが、
1094万円です。

 では、裁判をしなかった人は、見舞い金は頂けないのでしょうか。
国と東電が賠償金を出すとしますと、裁判をしていない人は、賠償金とは言えませんから、国は見舞金位は出すべきでしょう。

 この問題は、裁判所が決める事ではなくて、国が判断することでしょう。

 前橋地裁が、この問題に関して、裁判を引き受けたこと自体が間違っているのではないでしょうか。
 国の責任と言っても、復興に掛かる費用を全額出費するとしますと、仙台で起こった災害の費用を九州の人も負担することになります。

参考文献
産経新聞
http://www.sankei.com/affairs/news/170317/afr1703170026-n1.html

東電社長「精査し対応検討」 原発事故で国の責任認定
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17HG9_X10C17A3CC1000/
日本経済新聞

今回の判決には、仙台の判決が参考にされたと思われます。  石巻市大川
<大川小訴訟>仙台地裁 判決要旨
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201610/20161027_13028.html
スポンサーサイト
page top
最近の最高裁は少しおかしいのでは?
平成29年3月16日、産経新聞朝刊 トップ記事として、
 次のタイトルを掲げて報道しています。

GPS捜査 令状なし違法
最高裁発判断 法整備に異例の言及


本文を読みますと、警察は犯人を捕まえようとする時は、裁判所の令状が必要だ事が判ります。

 おかしいですね。その犯人がどこにいるか判らないから、この人が、犯人ではないかを本人から、聞かなくてはなりません。その犯人の居場所が判らないから、GPSを使いたいと言うのが警察の希望です。
 GPSが無かった時は、どうしたかと云いますと、容疑者の関係者に当って、容疑者の居場所を推察することになります。
 関係者は、知人が犯人かどうか判らないのに、警察に協力して、容疑者がいそうな場所を教える事になります。
 もし、犯人で無かった時は、関係者は、知人を犯人と思ったから、警察に協力したことになりますが、知人を一時にしても、犯人かなと思ったことになりますから、知人(友達)を裏切ったことになります。
 この容疑者の犯罪が、窃盗のようなものであれば、知人を裏切った事は、本人にだまっておけばいいですが、殺人犯で、しかも、再犯の恐れが強い場合は、一刻も早く、容疑者の所在地を知ることは重要です。

 最近、事件を解決するのに、役立っているのに、ビデオ映像があります。
最近、凄かったのが、「金正男氏の暗殺」です。
 直接の実行犯人は、二人の女性であることは、ビデオ映像で直ぐに、判りました。それだけではありません。
 この事件に関わった他の犯人も、全員? この映像に撮影されていましたから、直ぐに、犯人の名前まで判りました。

ところが、この容疑者は、帰国したとか、マレーシアの大使館の中にかくまわれているなど、いろいろの報道が有りますが、判りません。
 捕まえて、犯人に聞いてみないと真実は判りません。 何故か、韓国は、犯人は北朝鮮の人だと報道しています。
 指摘された北朝鮮は、関係がないと反論したと報道されています。

 もし、北朝鮮が派遣した人が、北朝鮮に逃げ帰った場合は、最終的には処分されるだろう。

処分しなくて、三人とも、元気で生活している事を北朝鮮が、公開すれば、三人は犯人で無かった証拠になります。

 参考文献
暗殺実行犯がその命令を完遂した場合、北は実行犯を最終的には処分するだろう。大韓航空機爆発テロ事件の教訓だ。実行犯が逮捕された場合、実行犯が口を割る可能性が考えられるからだ。だから、命令を受けた実行犯が帰国した場合、最終的には処分されるだろう。

上記文章の引用先
主犯は本当に北側か
http://ironna.jp/theme/721

「金正男氏の暗殺」事件で、逃亡していると報道された三人は、ビデオに写っていただけで、本当に殺人を実行していたかどうかは判りませんが、本当は、関係無くても、面倒だから、北朝鮮によって、殺されている可能性もあります。

 是が、自分が、その場に写っていたために、殺人の証拠とされる危険性はあります。
実際に、関係無いのに、容疑にかけられた時は、反論しても認められないでしょう。

このように考えて行きますと、
「GPS捜査 令状なし違法という最高裁発判断」は、間違っていることになるでしょう。 
page top
神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(54) 高御產巢日神と神產巢日神
前回は、その後、どんどん、伊邪那岐神、伊邪那美神の二人で、島などを生んで行く様が、古事記に書かれています。その神の名が、那岐神社の祭神に、書かれていたのは、稗田阿礼が、那岐神社に行って、いろいろの事を調べて来たのではないかと推理しました。

古事記の始めに戻りますと、
高天原成神名、天之御中主神訓高下天、云阿麻。下效此、次高御產巢日神、次神產巢日神。此三柱神者、
高天原にやってきたのは、次の三人です。

天之御中主神と高御產巢日神と神產巢日神。

神產巢日神は、那岐神社の祭神には見付かりません。
那岐神社の時と同じ様に、稗田阿礼は、神產巢日神を祀る神社を訪れたと仮定しますと、どれぐらい神社があるかを調べます。

 これは簡単そうで、大変でした。 そこで、玄松子氏のブログの中から、拝借することにしました。是が意外に大変な作業でした。

神產巢日神は、多くの別の名前を持って居まして、玄松子氏は、別の名で祀られている神社も、すべて、収録されていました。
 これらの神社を眺めていますと、神產巢日神を祀る神社は、厖大なものになります。

 高皇産霊尊や神皇産霊神は高御産巣日神と同じ神ですから、掲載されていましたが、これでは、太安万侶は、古事記に、高皇産霊尊の神も、加える事になりますが、古事記では、神產巢日神しか、表記されていませんから、省きました。

①比蘇天神社
愛知県岡崎市宮地町字北浦42
http://www.genbu.net/data/mikawa/hiso_title.htm

②草岡神社
滋賀県長浜市余呉町国安52  
神産巣日神
http://www.genbu.net/data/oumi/kusaoka_title.htm

③大石神社
青森県弘前市大森勝山
神産巣日神
http://www.genbu.net/data/tugaru/ooisi_title.htm

④吉備津彦神社
岡山県岡山市北区一宮1043
http://www.genbu.net/data/bizen/kibituhiko_title.htm
天御中主大神   神産巣日神

⑤長岡神社
福井県丹生郡越前町宇須尾27-1
http://www.genbu.net/data/etizen/nagaoka_title.htm

さて、この六つの社のうち、一つの神社に稗田阿礼が、訪れたとしますと、どの神社に成るでしょうか。
神産巣日神と同じ神で、表記の異なる神の名前は、次に有ります。 

この神の名前で、祀っている神社は、除きました。
http://www.sen2.net/contents/history/rekichi/33616417/%E7%A5%9E%E7%94%A3%E5%B7%A3%E6%97%A5%E7%A5%9E

 古事記と直接関係ありませんが、 玄松子氏は、上に書きました神社だけではなくて、 すべての神社は、ご自分で実際に行ったと書いておられます。

この方の書いておられる事は、大半において、正しいと思います。 
歴史は、覚えるものではなくて、このように、神產巢日神だけを祭る神社を実際に行きますと、歴史が勝手に見えてくると思います。

私が書きましたように、<玄松子>のお名前を入れて、大いに、役立たせて貰えばいいと思います。

page top
神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(53) 伊邪那岐神と伊邪那岐命(4)
鳥取神社誌に次の神社があります。
那岐神社  郷社 八頭郡
http://asilka.blog61.fc2.com/blog-entry-960.html
 祭神を抜書しますと、次の様になります。

祭神 
國之常立神、豐雲野神、宇比地迩神、須比智迩神、角杙神、活杙神、意富斗能地神、大斗乃辨神、淤母陀琉神、阿夜訶志古泥神、伊邪那岐神、伊邪那美神、進雄命、宇賀魂命、大山祇命、保食神、天御中主神、素盞鳴尊、祖靈社

これは、現在の那岐神社の祭神です。
 従って、古事記が作られた712年頃は、存在していたかを随分時間を掛けて調べました。そして、実際に、訪れました。

判ったことは、712年に、那岐神社があったかどうかも、確かめる事は出来ませんでした。

那岐神社の考察
http://asilka.blog61.fc2.com/blog-entry-1224.html

那岐神社の祭神
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2004/11/post_9.html

仮に、稗田阿礼が、712年より前に、那岐神社を訪れた時に、この神社が、既に、存在していたとしますと、稗田阿礼が、この祭神のことを太安万侶に報告して、古事記に取り込んだ可能性はあります。
 古事記に書かれいする神の内、これほど見事に、一致する神社は見付かりません。

ただ、前に書きましたように、那岐神社の詳しい事は分っていません。
page top
神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(52) 伊邪那岐神と伊邪那岐命(3)
 獨神成坐而、隱身也---独身だったのが良く無かったのでしょうか。
高天原から、去って行きましたと太安万侶は記しました。
 では、もう二度と現われなかったのかと云いますと、

天地初發之時、於高天原成神名、天之御中主神訓高下天、云阿麻。下效此、次高御產巢日神、次神產巢日神。此三柱神者、並獨神成坐而、隱身也。
 
①神產巢日神は、神產巢日命という名前で、登場します。
 大穴牟遅神が赤く焼けた大岩で、殺されそうになった時に、神產巢日命が
𧏛貝比売(きさがひひめ)」・「蛤貝比売(うむぎひめ/うむがひ-)に助けに行くように命じています。
出雲風土記に宇武賀比売命(ウムガイヒメ命)
http://nihonsinwa.com/page/2135.html

出雲国風土記(いずものくにふどき)は、出雲国の風土記。編纂が命じられたのは和銅6年(713年)5月、元明天皇によるが、天平5年(733年)2月30日に完成し、聖武天皇に奏上されたといわれている(異説あり[要追加記述])。「国引き神話」を始めとして出雲に伝わる神話などが記載され、記紀神話とは異なる伝承が残されている。
 古事記は、712年の完成ですから、出雲国の風土記の方が、古事記を参照にしたことになると思われます。

太安万侶は、「神產巢日命」という言葉をどこからか見つけた事になります。
神產巢日神は、どこにあったのでしょうか。
© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。