FC2ブログ
世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
歴代天皇家年表
次の表は、田村誠一氏が見つけられたことを表にされたものです。
数字ばかりですが、書いてある数字の意味がお分かりになるか
しばらく、眺めていただければと思います。

数日後に、又、続きを書きますので、もう一度 ご覧ください。

歴代天皇家年表

この年表がどうして出来上がったかを田村氏は、次の所に書いておられます。
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2011/12/3-97e9.html
スポンサーサイト
page top
允恭天皇
允恭天皇  ウィキペディアより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%81%E6%81%AD%E5%A4%A9%E7%9A%87

第19代天皇
先代  反正天皇
次代  安康天王
誕生   376年?


崩御 453年2月8日
陵所 恵我長野北陵
父親 仁徳天皇
母親 磐之媛命
皇后 忍坂大中姫
子女 木梨軽皇子

都は遠飛鳥宮(とおつあすかのみや、現在の奈良県高市郡明日香村飛鳥か)。
飛鳥の地に宮を設けた初めての天皇が允恭であった。

 これは注目か

以下の略歴は、『日本書紀』に拠る。 
すべて、正しいかどうかの検証は必要と思います。 (そのうちに、出来ましたら、)

反正天皇5年(410年)1月、反正天皇が皇太子を定めずして崩御したため、群臣達が相談して雄朝津間稚子宿禰尊を天皇(大王)に推挙する。尊は病気を理由に再三辞退して空位が続いたが、允恭天皇元年(412年)12月、忍坂大中姫の強い要請を受け即位。

3年(413年)8月、新羅から医者を招聘、天皇の病気を治療する。

4年(415年)9月、諸氏族の氏姓の乱れを正すため、飛鳥甘樫丘にて盟神探湯(くがたち)を実施する。
盟神探湯のことは、実際に行われたと思います。ということは、允恭天皇の頃には、氏姓を偽る人が、多かったことになります。

ウィキペディアによると
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%9F%E7%A5%9E%E6%8E%A2%E6%B9%AF

甘樫坐神社盟神探湯
http://www.s1.inets.jp/~lithium/photo_nar/007/index.html2回、行くことになりました。
5年(416年)7月、玉田宿禰(葛城襲津彦の孫)の叛意が露顕、これを誅殺する。

7年(418年)12月、皇后の妹・衣通郎姫を入内させるが、皇后の不興を買い、藤原宮
(奈良県橿原市)に住まわせる。

8年(419年)2月、衣通郎姫が皇后の嫉妬を理由に茅渟宮(ちぬのみや、大阪府泉佐野市)
へ移る。天皇は遊猟にかこつけて郎姫の許に行幸を続けたが、10年(421年)皇后に諌め
られ、その後の茅渟行幸は稀になった。

24年(435年)6月、皇太子の木梨軽皇子と同母妹の軽大娘皇女の近親相姦が発覚。
軽大娘皇女を伊予に配流(→衣通姫伝説)。

42年(453年)1月、崩御。新羅王はこれを悲しみ、弔使を送る。『古事記』『旧事紀』
に78歳、『愚管抄』『神皇正統記』に80歳、北野本『日本書紀』に81歳(一本68歳)とする。

© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。