FC2ブログ
世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
解っているようで解っていない祭神(2)祭神とは?
①ウィキペデイアに拠れば、祭神とは、次のように書いてあります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%AD%E7%A5%9E

現在、多くの神社では、日本神話に登場する神を祭神としているか、日本神話の神と同神であるとしている。
元々神道は海・山・川などを畏敬の対象の神体とする自然崇拝から始まったものであり、初期の神社では、そこに祀られる神には特に名前はないか、不詳であった。記紀や万葉集などでも、祭神の名が記されているのは伊勢神宮、住吉神社などごくわずかであり、ほとんどの神社の祭神は、鎮座地名や神社名に「神」をつけただけの名前で呼ばれていた。延喜式神名帳でもほとんどの神社は社名しか記されていないことから、延喜式が編まれた10世紀初頭ごろまではほとんどの神社の祭神には特に名前がついていなかったことがわかる。

この後に、同じぐらいの長さの文章が書かれています。祭神の事を説明するには、この短い文章で、完全に説明するには、無理がありますが、上に紹介しました記事だけでも、私の理解する所では、間違いが一杯あります。

a---「現在、多くの神社では、日本神話に登場する神を祭神としている」
日本神話と言われるものは、古事記、日本書紀や他の地方に残る伝承を集めたものの事でしょう。そこに書かれている神の名前を多くの神社では、参考にして祭神としたという理論は、一部にはあるでしょうが、大半は、逆でしょう。

b---「元々神道は海・山・川などを畏敬の対象の神体とする自然崇拝から始まったものであり」
 隠岐に和気能須神社(ワケノスジンジャ)があります。この神社の解説書に次のように書いてあります。
「明治13年、戸数僅かに三戸なりしが鳥取県岩美郡網代村、田後村、岩戸村の三村より漁民の移り住むもの頗る多く、今や三百五十戸にいたり」とあり、祭神は、和気能須命のみです。これから判ることは、地名や村があったのではなくて、心の糧にしていた先祖、又は、神に相当するもがあり、それは、和気能須と呼ばれていたので、祠を造り、それを和気能須神社と名付けたと思われます。 
しかし、祭神は和気能須命のみです。ということは、出来た時の神社の氏子は、三戸でしたが、明治十三年には、三百五十戸になった筈です。では、現在は、何戸かは調べていませんが、現在は、四百戸としますと、氏子は四百戸かも知れませんし、五十戸の家の方は、他の神社の氏子になって居られるかも知れません。(村には、和気能須命以外の神を祭って居られる人も一緒に生活をしておられる)
 又は、かわって来られた網代村、田後村、岩戸村の皆さんも、和気能須命を信じておられたから、移り住まれたかも知れません。

 調べが可能であれば、祭神とは、どういうものであるか解明するために、村の皆さんのお家で祭って居られる神さんを知りたいですと、断る必要があると思います。
 (各ご家庭の秘密の部分ですから、御家族ごとに、調査の目的を説明して、承諾を得る必要があります)

c----「元々神道は海・山・川などを畏敬の対象の神体とする自然崇拝から始まったものであり」
 この部分は、根拠が無いと思います。

 平成29年5月25日~27日まで、隠岐の島後に行ってきました。空港を出発して、略、島を車で、一周してきました。 神社の前まで行きましたが、余りにも、階段が多そうな神は、避けて、30社にお参りしました。

隠岐の島町で 38 か所中 1 位の観光スポット の滝 に、壇鏡の滝があります。 地図では、「壇鏡滝」と表示され、その近くに神社のマークが表示されていました。多くの場合は、神社名があるのですが、この神社には、神社名がありませんでした。
 はじめは行くつもりをしていましたが、周り道は無理で、往復だけに30分は掛かりそうですので、中止しました。
 
壇鏡神社  http://www.genbu.net/data/oki/dangyou_title.htm
帰宅後、調べました。

御客神社 http://ameblo.jp/tomo-chupi/image-12217630069-13793264103.html
 写真の後ろのある一面の岩が神様です。
岩の前に、木が植えられていますが、 よく見て頂きますと、大きな円が見えます。 この大きさの木が生えていましたが、伐採されて、その後に新しく木が植えられています。

以上、私が訪れた31社のうち、2社のみが、自然を対象にしたご神体であったことになります。

外に、大山神社、岩倉神社などの社のない神社がありますが、

以上の事から、「元々神道は海・山・川などを畏敬の対象の神体とする自然崇拝から始まったものであり」と断定するには、無理がある様に思われます。
スポンサーサイト
page top
解っているようで解っていない祭神
 神社には、祭神と呼ばれる神が祭られているようです。 祭られているようですと書きましたのは、私が訪れた神社には、神さんが祭られていたように思います。中には、書いてない神社はありましたが、帰宅後に、住所と神社名で調べますと、全部、神さんの名前は、解った様に記憶します。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説に拠りますと、祭神とは、次のように成ります。
 https://kotobank.jp/word/%E7%A5%AD%E7%A5%9E-507832

 神社に祭られる神をいう。神社には一般的に複数の神々が祭神として祭られるが、その場合、もっとも中心になる神を主神または主祭神(しゅさいじん)といい、他の神を相殿神(あいどのかみ)ともいう。神社の祭神には、『古事記』や『日本書紀』などの古典に名がみえる神々のほか、歴代の天皇や歴史上の人物がある。またある特定の地域を支配するとされる神で、とくに神名のない神も、ときとして神社の祭神となっている場合がある。靖国(やすくに)神社や護国神社では戦没者の霊を祭神とする。百済(くだら)王や高麗(こうらい)王などの朝鮮系帰化人を祭神とする神社もある。全国の神社のなかでは、稲荷(いなり)神社がもっとも数が多いので、その主祭神である宇迦之御魂神(うかのみたまのみこと)(倉稲魂(うかのみたま)神)がもっとも数多くの神社で祭られている祭神といえよう。[落合偉洲]


では、どのような神さんが居られるのかは、ネットで、名前をアルファベット順に整理をして掲載して居られる方のブログを見つけましたので、記します。

日本神話由来の神 あ行[編集]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%A5%9E%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E7.A5.9E.E8.A9.B1.E7.94.B1.E6.9D.A5.E3.81.AE.E7.A5.9E

• 青沼馬沼押比売神(あおぬまぬおしひめ)
• 阿加流比売(あかるひめ)
• 飽咋之宇斯能神(あきぐいのうし) - 伊弉諾尊の冠から神に成る
• 秋比売神(あきびめ)
• 秋山之下氷壮夫(あきやまのしたびおとこ)
• 阿久斗比売(あくとびめ)
• 悪樓(あくる)
• 浅間大神(あさま)
• 阿邪美都比売命(あざみつひめ)
• 阿邪美能伊理比売命(あざみのいりびめ)
• 足柄之坂本神(あしがらのさかもと):坂の神 
• 味耜高彦根神、阿遅鉏高日子根神(あじすきたかひこね)- 農業、雷、不動産業の神
• 葦那陀迦神(あしなだか) :「古事記」にみえる女神。 大国主神の妹。
以下、省略

欄外--5月25日~27日まで、隠岐に行ってきました。 目的は、①隠岐の歴史を知る。 ②隠岐は、日本語の発生した所である事を確かめるため。 ③隠岐には、150ほどの神社があるらしいですが、どうして、神社が多いのか知るため。

このブログは、私が書いているものでは、一番古いですので、いろいろのことを書いています。 カテゴリーによって分けています。
今回、カテゴリーを「隠岐」にしました。
 出来れば、隠岐のみなさんに読んで頂ければと思っています。 今回、初めて寄せて頂き、30の神社にお参りしました。
所在地と神社の名前などは分かりましたが、祭神や氏子の皆さんの事は、全く分かりません。 車の運転は、休暇を取って、応援してくれた息子の頭と体力に頼りました。 私は、出来るだけ歩いて訪問して、肌で感じたことを中心に、いろいろ考えて、書いてみようと思います。 出来れば、資料の提供をして頂こうとの下心はございますが、そのためには、是非とも、隠岐の皆さんには読んで頂きたく思っています。

© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。