世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
恥ずかしいという言葉
恥ずかしいという言葉は面白い言葉だと思います。
辞書を引きますと、4つの使い方を古典の文から引用して述べています。広辞苑から借用します。
① 自分のいたらなさ・みっともなさを感じてきまりが悪い。過ち・罪などを意識して面目ないと思う。万葉集や源氏物語から例文を挙げて解説されています。
② 相手が立派に思えて、自分は劣っていることを感じて気おくれする。・・・省略・・・
 同じく源氏物語(葵・梅ヶ枝)から引用。
③ こちらが恥ずかしくなるほど相手がすぐれている。 同じく、源氏物語(若菜下)より引用。
④ 何となくてれくさい。徒然草より引用。

 恥ずかしいという言葉は、確かに、このように微妙に使い方は違いますが、私たち、日本人は、別に使い方を学んだわけではないのに、使い分けています。このような微妙な使い分けは、英語ではするのでしょうか? 英語の場合は、全く、違った単語を使うのでしょうか?
 恥ずかしいという言葉をこのように改めて、眺めてみますと、まず、自分があって、そして、他人がおり、その間で、自分を中心に物事を考えて判断して、「恥ずかしい」という言葉を使うことが判ります。

自分を中心に考えますから、自分とはどういう人間かをよく知っていませんと、判断を間違うことになります。また、他人との比較ですから、他人からの情報を間違って、取り入れますと、これ又、判断を間違えます。

恥ずかしいという言葉は、学校で教えてもらった記憶はありません。なのに、普通の人は、上の4つを使い分けて、判断した上で、自分の行動を決めているように思います。

私がなにを言いたいのか、わかって頂けましたか?
最近の政治家のことです。特に、農林関係で続きましたね。自殺された方は、遅すぎましたが、恥ずかしいと思われたのでしょうか? 絆創膏を顔に張られた方は、全く恥ずかしいと思われなかったようで、「大丈夫です。大丈夫です」の連発でした。あの場の雰囲気からしますと、誰も、大臣の傷の具合など心配して、大丈夫かどうかなど、質問していないのに、「大丈夫です。大丈夫です」。
 7日で大臣を辞職された方は、自分が、大臣に適しているかどうか、一番知っているはずです。首相から大臣の依頼があった時に、断るべきだったと思います。
 政務次官、国会議員と続きます。
 それだけではありません。
社保庁の職員の横領が発表されました。きっと、氷山の一角だろうと誰もが口にします。
5000万件のデーターが、消えてしまった原因が、コンピューターの入力ミスであると発表して、恥ずかしくないのでしょうか? そんなに、沢山ミスをするわけがありません。
 誰かが、故意に、データーを消した。何のために、横領するために?
一人か二人が横領をしたのであれば、なかなか、発覚しませんが、社保庁の職員であれば、誰でも、おかしいのは知っていたでしょう。 自分さえ、悪いことをしていなければ、同僚がしていてもだまっていたのでしょうか?
恥ずかしくなかったのでしょうか?

恥ずかしいという言葉は、このようなときに使うのですよと教えれば判る言葉でないだけに、難儀ですね。自分を見失った人を罪にして、刑務所にいれても治らないです。法律を作りなおして、刑を強めても解決にならないです。

恥ずかしいという言葉は、学校で習わないということは、家庭で、親から学んできたのでしょうね。

メディアは、「恥ずかしくないのか」と声を大にして・・・。
と書きましたが、こちらも恥ずかしいと思わない方が多いようにも思えますし、・・・。
スポンサーサイト
© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。