FC2ブログ
世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
国主神社 村社   東伯郡
鎮座地 東伯郡舎人村大字北福字宮越
http://www.jinja.in/single/86418.html


現在地 鳥取県東伯郡湯梨浜町大字北福308番

祭神 大国主命、少彦名命、事代主命、伊邪那美神、天照皇大神、須佐之男命、新宮神

由緒 創立年月は詳ならずと雖、往古より地方の大社と尊崇又浅からず、旧記の伝ふる所によれば久津賀村(当時葛下の庄と称号) 大字筒地村に御鎮座あり、該社は神代大国主命地方経営御開拓の際霊蹟を存せられ、為に当所へ奉祀せるものなりと、大永中尼子氏の為に兵燹にかかり旧記神寶鳥有に帰す、後藩主より再興を命゛られ一石二升の神領を下賜せらる、茲に於て年中四度三月三日、五月五日、九月廿九日、十一月八日の吉辰を卜して神饌を奉供し式年の大典を執奏し御式運長久の祈願す(祈願御札を藩主に上るの古例ありしが、廃藩以後は別に神札を上らざるも祭事は今に怠らず執行す) 然れども西南北福村は(日下鎮座所) 八重垣、外垣、内垣等の小字を有し所謂上代の旧蹟を存し、寛永十六年卯月漆原村助右門、大成の五左衞門、原村七左左衞門右三名を本願とし、舎人の庄北方村地内字宮越へ移し、大に工事を起こして祠宇の広大を図り、祀典を厳にして神威を闡明す、昔時(年月不詳) 出雲国千家国造当社へ御参詣せらる、明治四十年四月二十七日神饌幣帛料供進神社に指定せらる、大正二年十二月二十五日舎人村漆原字成ル鎮座無格社新宮神社(祭神 伊邪那美神)同村大字方地字馬場鎮座無各社小林神社(祭神 天照皇大神)  右二神社合併、大正三年九月九日同村大字野方字岡鎮座村社野方神社(祭神 須佐之男命、新宮神)  同村大字白石字倉奥鎮座村社白石神社(祭神 須佐之男命  ) 右二神社合併す。

例祭日  四月二十日
建造物 本殿、拝殿、神楽殿
境内坪数 540坪
氏子戸数 155戸


スポンサーサイト



© おかしな世の中. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG