FC2ブログ
世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
妙見山古墳 京都
所在地 京都府向日市寺戸町芝山
地図 
 
資料らしいものは見付かりませんでした。しかし、判断の材料に成ります。

第6向陽小学校の西側に妙見山古墳という全長114mの古墳時代前期の代表的な大きな古墳がありましたが、竹林として開発され昭和42年(1967)に消滅しました。過去の略測図によると後円部の直径約69m、高さ約8m、前方部は幅約58m、高さ約5mです。後円部には竪穴式石室があり、後円部頂上には直径48センチの楕円形埴輪がありました。装身具・武具・工具などのほかに三角縁獣帯三神三獣鏡もありました。


 1949年に調査行われています。
 主体部は2つ確認されております。
 後円部中央にある埋葬施設は第1主体とよばれ竪穴式石室で組合式石棺が収められていました。
 竪穴式石室は全長2.9m幅0.8~1.1m高さ0.6mと測られています。
 出土したものとして管玉、銅鏃、鉄鏃、筒形銅器、鉄斧、鉄小札などが知られています。
 前方部にある埋葬施設は割竹形木棺で埋葬されていました。
 粘土槨は全長5.3m幅0.7mと測られています。
 出土したものとして倭製三角縁獣帯三神三獣鏡などが知られています。
 この京都府の山城地域は桓武天皇以前は山背ともよばれ同じ畿内に属する地域の中では辺境の地とされていたと推測されます。
 この古墳の築造は古墳時代の中期にあたる5世紀前半ごろと推定されています。

後円部には竪穴式石室があり、後円部頂上には直径約48cmの楕円形埴輪があったと云う。

後円部の石室は盗掘されていたが、三角縁獣帯三神三獣鏡・鉄製の冑・大量の鉄鏃・銅鏃などが検出されたと云う。

参考ブログ http://blog.goo.ne.jp/tommz_1938/e/59546c905d742ecbbf16cc27e8514136
スポンサーサイト
© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。