世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
纏向石塚古墳
大九会 奈良散策会の案内文より (100回記念日)
最近、 前方後円墳と三角縁神獣鏡から、歴史を眺めようとしています。前方後円墳の代表として、五色塚古墳と箸墓古墳を眺めています。
 タイトルの纏向石塚古墳は、箸墓の近くにある古墳です。この古墳は、帆立貝式前方後円墳とされていますが、所謂、一般に云われている前方後円墳とは違うのではないでしょうか。
もっと、資料がほしいところですが、ありません。

 
帆立貝式前方後円墳。昭和46年(1971)の小学校移築に先立つ発掘調査で、最古の土師器を出土する古墳ととして注目され、かって円墳と思われていたのが、箸墓古墳などのように定型化される以前の「纏向型」前方後円墳の典型(全長・後円部径・前方部長の比率が3:2:1)
と考えられるようになった。 全長93m・後円部径64m・同高さ3m・前方部長32m・同幅32m・同高さ2m・と前方部が極端に細く低く、発生期の前方後円墳の特徴をもつ。
墳丘部は未調査であるが、戦争中に高射砲陣地を造成したため、墳丘上部は大幅に削られている。幅20mの周濠はよく残り、そこから発掘調査で、多量の土器のほか、10数本の木製スコップや鍬が出土した。周濠内出土の土器片から3世紀前半の築造とする考えと同中ごろとする説とがある。なお、桧板の年輪代は177年+αとされる。
 この古墳の中軸線は三輪山の方向を向いており、立春の日に三輪山山頂から昇る朝日を拝することができるという。
 また、その中軸線を逆に西北に延長すると、田原本町の鏡作坐天照御魂神社に達し、この古墳のすぐ東にある太田の他田坐天照御魂神社(おさだらいます)(式内社)も同じ祭神で、太陽信仰との関連を考える見方もある。
 この古墳の北西には勝山古墳(3世紀前半または後半)、西に矢塚古墳(3世紀中ごろ) 南西に東田大塚古墳(ひがいだ)(3世紀後半)があって共に纏向型で、古墳発生時期の前方後円墳で構成される古墳群をなす。

一言―-〔その中軸線を逆に西北に延長すると〕以下の文章は、あまり重要視していませんでしたが、最近は、案外、考慮する必要があるのではと思うようになっています。


スポンサーサイト
© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。