世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
天気:正月三が日 低気圧発達で大荒れ、太平洋側も積雪か
災害情報ではありませんが、 お正月の天気予報です。大雪、雷があるらしい。

http://mainichi.jp/select/news/20150101k0000m040040000c.html
毎日新聞 2014年12月31日 19時20分(最終更新 12月31日 19時25分)
 正月1〜3日にかけ冬型の気圧配置が強まる影響で、日本海側を中心に広い範囲で大雪となり、太平洋側でも積雪の恐れがあるとして、気象庁は暴風雪や交通への影響に警戒を呼びかけている。
関連記事
• きょう、あすの天気
• 低気圧発達の予想進路
• 週間天気予報
• ゲレンデ情報
 気象庁によると、日本海上の低気圧が急速に発達しながら東へ進む一方、1〜3日に上空に強い寒気が流れ込む見通し。2010年12月31日〜11年1月1日に鳥取県で約90センチの降雪となった気象条件と似ているという。
 近畿より西は1〜2日、北海道から東海は1〜3日にかけ日本海側を中心に大雪の見込み。近畿以西の太平洋側や東海の平地でも雪雲が流れ込み、積雪の恐れがある。1日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸80センチ▽近畿70センチ▽関東甲信、中国60センチ▽東北、東海50センチ▽四国、九州20〜30センチ。
 
以下 省略

今年の連休や日曜日は、殆ど、天気が悪かったので、特に注意が必要かと思います。 スキーに行かれる方は、特に、雪崩などの注意が必要かと思います。
スポンサーサイト
© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。