FC2ブログ
世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
STAP細胞 有罪判決降る  その8   おかしな世の中・社
 小保方さん反論する
 どの時点で、小保方さんが、弁護士を雇われたか忘れましたが、反論をされました。
 何に対しての反論かと云いますと、忘れてしまいました。いっぱいの批判がありましたが、なかでも、決定的だったバッシングは、小保方氏が、STAP細胞を発見した時の実験材料を、若山氏の知り合いに検査を依頼したら、若山氏が、実験に使うように渡した筈の細胞と異なる細胞であったことが証明されたと発言。

 素人が考えますと、小保方氏、STAP細胞を発見したと論文を提出されましたが、それは、有り得ないことだ。何故かと云いますと、小保方氏が見付けたという実験に使われた細胞は、若山氏が渡した細胞とは、全く違う細胞であったと云うことは、例え、STAP細胞が存在しても、自分(若山氏)の渡した細胞から作ったという論文を書いたのであれば、それは、小保方氏がどこかで手に入れて、捏造をしてつくったSTAP細胞だから、その論文は、間違いである。
 と指摘されました。

これに対する小保方氏からの返事は、長い間有りませんでしたが、随分後になってから、
出されました。
 メディアによって、少しずつニュアンスが異なりますから、次に挙げてみます。

①小保方氏、マウス入手「若山研究室以外ない」日経

2014/6/18 13:42
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG18020_Y4A610C1CR0000/
STAP細胞の論文問題で、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)は18日、STAP細胞の作製に用いたとされるマウスなどについて「マウスに関しても細胞に関しても所属していた(若山照彦山梨大教授の)研究室以外からの入手はない」とコメントした。
 論文の共著者の若山教授が16日の記者会見で、小保方氏の作製実験に使われたマウスは自分が提供したマウスと一致しないと述べたことに反論した。代理人の三木秀夫弁護士を通じて発表した。
 若山教授は記者会見でSTAP細胞が存在する証拠がなかったとの第三者機関の分析結果を公表。万能細胞のES細胞が混入しているとの疑いについても「(ES細胞だと)うまく現象を説明できる」と述べた。
 三木弁護士らによると、マウスについては「小保方氏は(若山教授の研究室に所属した2013年3月までは)マウスや細胞を独立して入手できる立場になく、すべて若山教授の研究室ルートで入手した」と説明した。
 小保方氏の研究室に残っていたES細胞に関しても「小保方氏がES細胞を作製したことはない。保存されているES細胞は実験の比較のため、若山教授の研究室から譲与された」としている。
 小保方氏はSTAP細胞の再現・検証実験に関して「参加を切望している」とし「人為的な間違いが絶対に起きない環境でSTAP細胞の存在を証明することで筆頭著者としての説明責任を果たしたい」と強調した。

②小保方氏反論「マウスは若山研究室通じて入手」 読売
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140618-OYT1T50055.html

③小保方氏、若山氏の見解を否定 「検証実験で説明責任果たしたい」
2014.6.18 15:17
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140618/scn14061815170001-n1.htm
です。
 小保方氏は、「マウスに関しても細胞に関しても所属していた(若山照彦山梨大教授の)研究室以外からの入手はない」と反論されました。

これに対して、若山照彦山梨大教授の反論は無かったと記憶します。しかし、私の記憶は、確かではありませんが、この報道が有ってから、バッシングがひどくなった様に記憶します。
外に、つぎのような反論がありました。
STAP細胞:小保方氏、不服申し立ての追加資料提出
http://mainichi.jp/graph/2014/04/21/20140421k0000e040149000c/001.html


この反論に対して、若山氏からの反論は、あったかもしれませんが、記憶にあれません。

反論は、若山氏からではなくて、理研OBから、ありました。
若山氏は、小保方氏は、自分が渡した細胞ではなくて、自分が準備した細胞を使ったと指摘されましたが、お他た氏は、その細胞を盗ん陀証拠が見つかったので、告訴し、若山氏の代わりに、上の3つの小保方氏の反論に対する反論とされました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26HFT_W5A120C1CR8000/


最後のトドメ か

理研OBが小保方氏告発、ES細胞窃盗容疑

2015/1/26
STAP細胞問題に絡み、論文作成に使用した胚性幹細胞(ES細胞)を盗んだとして、理化学研究所元上級研究員でNPO法人理事長の石川智久氏(60)が26日、窃盗の疑いで理研元研究員、小保方晴子氏(31)に対する告発状を兵庫県警神戸水上署に提出した。県警は受理したかどうかを明らかにしていない。
 告発状などによると、小保方氏は2011~13年ごろ、若山照彦・山梨大教授の研究室からES細胞を窃取。このES細胞が混入された細胞サンプルを若山氏に渡して実験を行わせ、STAP細胞に関する論文を英科学誌ネイチャーに発表したとしている。
 STAP細胞を巡っては昨年12月、理研の調査委員会が存在を否定する報告書をまとめ、別の万能細胞であるES細胞が混入した可能性が高いと結論づけた。


 凄いはなしになってきましたね。
こんな話に、頭を突っ込みますと、私も命を落とす様になるかなと、心配になってきました。
© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。