FC2ブログ
世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
STAP細胞 有罪判決くだる  おかしな世の中社
 その1 新聞はどのように報道したか

次に記します記事は、日本経済新聞と毎日新聞の記事です。この記事は、私が気になりましたので、コピーしておいたものです。
 ①の日本経済新聞の記事は、メディアからの報道だけから判断する国民ですと、皆さんが納得された記事かと思います。記者の経歴が書いてありますが、この記事は、出来れば、理科系の勉強をした人に取材させて欲しかったと思いました。
 毎日新聞の記事は、自信満々の記事が、常に見られたと思い、その点が気になりましたので、コピーしていました。

 どのメディアも、当初から、STAP細胞 潰しの論調が多かったように思われました。
 其論調の元になったものを次回に回します。

今回は、コピーしていた物のうち、4点を上げましたが、③STAP問題:小保方氏を「犯罪者扱いしての検証」と謝罪
は、謝罪は当然ですが、謝罪では済まないと思います。
調査委に「基盤が崩壊している」とまで酷評されたと記事に記された様に、人間性を無視したこの調査は無効だと思います。
 ④STAP問題:小保方氏、理研を退職 「魂の限界」
に書かれた「魂の限界」という日本語があるのでしょうか。

偶々、日本経済新聞と毎日新聞を取上げましたが、他のメディアも反省しなければならない事件だったと思います。
 初めのタイトルは、私が新聞記事を書くとすれば、【STAP細胞 有罪判決くだる】と書きたいタイトルになります。

①STAP検証、形だけの幕引き
遠い真相解明の道のり
日本経済新聞 2014年12月24日(水)

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20141222/275471/?n_cid=nbpnboml_weekly&rt=nocnt
「STAP現象を再現することはできなかった。来年3月の期限を待たずに、ここで実験を終了することにした」
 理化学研究所は12月19日に開いた記者会見で、STAP細胞の検証実験打ち切りを発表した。小保方晴子研究員は12月21日付で理研を退職。STAP細胞を巡る騒動に一定の区切りを付けることになった。
 STAP細胞は本当にあるのか―。英科学誌「ネイチャー」に掲載したSTAP細胞に関する論文に疑義が持ち上がると、理研は4月から1年間を期限に、検証実験チームを発足させた。 
以下省略


②<STAP論文>「氷山の一角」「基盤が崩壊」報告書で非難
毎日新聞12月26日(金)21時38分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141226-00000121-mai-soci
 社会の大きな注目を集めてきたSTAP細胞論文の不正問題は、理化学研究所の調査委員会が細胞の存在を全面否定する結論を出し、調査の幕が閉じられた。多くのスター研究者が関わり、「生物学の常識を覆す成果」と称賛を浴びた論文は、調査委に「基盤が崩壊している」とまで酷評された。報告書から浮かぶ不正を止められなかった背景を探った。 以下省略

③STAP問題:小保方氏を「犯罪者扱いしての検証」と謝罪
毎日新聞 2014年12月19日 13時04分(最終更新 12月20日 10時15分)
http://mainichi.jp/select/news/20141219k0000e040225000c.html
 「STAP細胞は再現できない」と結論づけた理化学研究所の19日の記者会見終了直後、検証実験の責任者である相沢慎一チームリーダーが突然、謝罪する一幕があった。
 2時間あまりに及ぶ記者会見が終了し、報道陣が退室を始めた午後0時45分ごろ、相沢氏がマイクを握って再登壇。「検証実験は、(小保方晴子研究員を監視するための)モニターや立会人を置いて行われた。そういう検証実験を行ったことは、責任者としてものすごく責任を感じている。研究者を犯罪人扱いしての検証は、科学の検証としてあってはならないこと。この場でおわびをさせていただく」と述べ、頭を下げた。【デジタル報道センター】


④STAP問題:小保方氏、理研を退職 「魂の限界」
毎日新聞 2014年12月19日 11時18分(最終更新 12月20日 10時16分)
http://mainichi.jp/select/news/20141219k0000e040186000c.html

 ◇小保方晴子氏のコメント
 どのような状況下であっても必ず十分な結果をと思い必死に過ごした3か月でした。予想をはるかに超えた制約の中での作業となり、細かな条件を検討できなかった事などが悔やまれますが、与えられた環境の中では魂の限界まで取り組み、今はただ疲れ切り、このような結果に留まってしまったことに大変困惑しております。  以下省略


****--*****--*****--*****--
 明けまして、おめでとうございます
最近は、このブログは、歴史の資料置き場にしていますが、最近、おかしな話が耳に届きますので、こちらも保存しています。
神社の資料は、福岡県にしました。由緒は不詳としながらも、厖大な文章が掲載されていまして、入力がなかなか出来ません。 時々、覗いてください。

 小保方氏のイジメは あまりにもひどい物があると思っています。何回かに分けて、書いてみようと思います。
スポンサーサイト
© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。