世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
おかしな記事を見つけました その2 アメリカの謝罪
前回は、ロシアの最近の行動がおかしい記事を紹介しました。
 ①ロシア 原爆投下後、広島・長崎でソ連代表団が撮影した映画フィルムを日本 ...
https://jp.sputniknews.com/japan/20160617/2322584.html
 
この映像をみて、一番驚いたのは、日本人でしょう。前回の記事を書くために、開いたページのアクセス数が、 約 542,000 件の数字が物語っています。


少し 古いですが、もう一つおかしな報道を見つけました。
②原爆投下 「アメリカは謝罪すべき」60% 露メディアが日本で調査
http://www.newstandard.jp.net/news/world/abombs-us-should-apologize-60-percent-russian-media-research-in-japan/969

おかしいですね。ロシアは、イギリスとアメリカと一緒に日本と戦争をしました。
イギリスは、原爆投下に賛成しました。ロシアも、原爆投下に賛成した筈です。この証拠は、アメリカが持っている筈です。
 ですから、終戦の時に、ロシアは日本から北方領土を分捕りました。原爆投下に賛成した証拠の一つです。

 謝る必要のあるのは、イギリスとアメリカとロシアになります。このように考えますと、(イ)と(ロ)は関係があることに成ります。

(イ)ロシアは、アメリカに、原爆投下したことを日本に謝罪すべきだと発言したこと
(ロ)ロシア 原爆投下後、広島・長崎でソ連代表団が撮影した映画フィルムを日本 ...
https://jp.sputniknews.com/japan/20160617/2322584.html

は関係あると見るべきでしょう。

 (ロ)は、おかしいですね。ロシアは、原爆は落とす事は、関係ない筈なのに、原爆投下後に、日本に、やって来て、調査を行った時の映像です。関係なかったロシアは、なにを調査するつもりだったのでしょう。
 原爆を投下する前には、原爆の効果は、良く解っていなかったようです。そこで、アメリカの情報を貰って、調査をしたはずです。
 こんな事情は、全て判ってしまうのに、其の時の映像ですと、日本にお土産の様に、首相に手渡しました。

 この映像は、このような形で、公開されることは、予測しなかったのではなく、(イ)のアメリカの謝罪に結びつく事に成ります。

この続きは、次回にもう一度書きます。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。