世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
おかしな記事を見つけました  その4 鳥取地震と活断層
 地震は活断層の部分が、ずれを起こした時に、生じる。地震が起こる度に、説明されていた記事を読んで、理解した気になっていました。

 つい数日前に、日本中の活断層のあるところは、殆ど、解明されて、地図の上に断層の図を記しました。
 その図を新聞で、公表するかしないか悩んで居る新聞記事が有りました。

 どうしてかと云いますと、その線の上に在るお家は、いつかは、必ず地震が起こることが科学的に立証された事に成り、売れなくなる。売れても、高くは売れなくなると云うお話です。

今回の鳥取地震の報道を5つ程読みますと、地震は、どうして起こるか、専門家の気象庁の人も分っていないことが判ります。

はじめに、素人の方が書かれた活断層のおなしです。
①地震と活断層(2):活断層はなぜ危険なのか
http://www.arito.jp/LecEQ02.shtml

次は、朝日深部の報道です。
② 鳥取、なぜ大地震多い 気象庁「活断層なくても起きる」
http://www.asahi.com/articles/ASJBQ05DTJBPULBJ00N.html

前部省略---
「今回のような地震は活断層がない所でも起きる」。気象庁では午後3時40分から青木元・地震津波監視課長が記者会見した。震源付近で明確な活断層が確認されていないことや、地下の浅い場所が押し合って起きる「横ずれ断層型」であることを明らかにした。
 気象庁によると今回の震源付近では、地震の約2時間前にマグニチュード(M)4・2の地震が起きたが、M4クラスの地震が繰り返しており、前震かどうかを区別するのは難しいという。発生後も震度1以上の地震が相次ぎ、青木課長は「活発な地震活動が続いている」と注意を促した。

以後省略

地震の原因は、最近まで、フレートに依るものと説明されて、やっとこさ、そんなものかなと理解し始めていました。
深海から、噴き出た岩は、深海で、地球の表面を形成します。その部分をプレートと呼んで居ますが、プレートの部分は、地球の表面を移動すると云われています。日本に到達するプレートは、太平洋プレートと呼ばれていますが、この移動してきたプレートが、日本海溝、駿河湾トラフ、 南海トラフ、相模湾トラフから日本列島の下に沈み込んでいます。
 そのとき、陸のプレートも摩擦によって少しずつ引きずり込まれています。
 この時に、摩擦が生じますが、次第にそのエネルギーがたまり、そのエネルギーが、地球を破壊するように働いたのが、地震となって現われると云われています。

 こんな現象を誰も目でみることは出来ませんが、いろいろの現象から、この説は間違いない事になっています。

③鳥取地震 「熊本地震のように活断層同士が影響しあう可能性」と警鐘

http://news.livedoor.com/article/detail/12179878/

 おかしいですね。

この記事では、鳥取には、活断層が一杯あって、断層同士が影響し合う様に書いてあります。しかし、産経新聞の方は、「鳥取県は6年前、震源近くに「推定断層」設定」と記し、
 「推定断層」が一つあるような記事に成っています。

震源地は、11kmと書いてあります。
 私が知っているプレートによる場合は、どんどん、4つのプレートの間に潜って行くために、50kmぐらいの深度が多いと理解しています。
 
お前は阿保かと云われれば、それまでですが、
①と②は、地震の原因などは考えなくても、理屈抜きに、辻褄の合わないお話だなと思っています。

震源地は、熊本も鳥取も10kmです。
ほかにも一杯ありますが、10kmの様に浅い地震は、人工的に起こされたのではないかと考えています。

もう一つ疑問に思っていることが有ります。前回、就寝前に調べたときには、鳥取での地震は、7時間の間に50回ぐらいおこって、多過ぎることを書きました。

しかし、今日の報道では、150回ぐらい起こっている様に書いてありました。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。