世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
娘の心奪い熊襲平定・日本書紀
産経新聞は、平成28年11月4日付けの朝刊の一面に、「娘の心奪い熊襲平定」と大きなタイトルを掲げて、第12代の景行天皇が九州の熊襲を討伐した時の事を紹介しています。

この記事は、連載で、≪ヤマトタケルのまほろば≫  第11部 父の親征と慰霊<2>
です。
 日本書紀は、難解な所が有りますので、産経新聞の記者が、判り易く、書かれた記事が、次のものです。

熊襲には二人の娘がいましたが、天皇は姉妹を召しだし、姉に偽りの寵愛を与えた、と日本書紀に書く。一乾鹿文は進んで、父の暗殺に加担した。父に強い酒を飲ませ、寝入ったところを天皇の兵に殺害させたのだ。日本書紀はさらに、天皇の過酷な処置も記録する。

それに、宮崎県教育庁文化財課の北郷泰道専門主幹のおはなしも交えて、記事は、一面の4分の1を飾っています。

 これだけでは、文意がお解りにならないでしょうが、熊襲を討伐するにあたって、軍議を開いて、熊襲の二人の娘を騙して、父を殺させたと日本書紀に書いてあります。

「こうして、外部勢力だった熊襲は、政権内に取り込まれ、やがて隼人と呼ばれるようになるのです」
 北郷氏はそう話す。

と記事は、北郷氏の歴史感で終わっています。

それで、このおはなしの何処がおかしいのかと云うことになります。

「北郷氏はそう話す」が無ければ、産経新聞の一記者の日本書紀の読後感で終わりですが、
「宮崎県教育庁文化財課の北郷泰道専門主幹」と書かれていますと、読んだ人は、この記事全体を信用することになります。

景行天皇の熊襲討伐は、古事記にも書いてあります。古事記も、騙した話は書いてあるのですが、騙したのは、景行天皇ではなくて、討伐に向かった小碓命です。
小碓命は叔母の服を身に着けると、結っていた少年の髪型を解き、少女の髪型に梳(くしけず)て、女装し、宴会に向かう少女たちに紛れ込んで館への潜入します。そして、殺す事になります。

こんな計画で、成功するでしょうか。 古事記の方は、作り話でしょう。

所が、日本書紀の方は、主犯は、景行天皇です。天皇が、このような卑怯なことをしたということを、日本の正史と云われる日本書紀が書くでしょうか。

おかしいと思われませんか?

しかし、産経新聞社が、一面に書かれたのですから、日本書紀には、街買いなく、このようなおかしい話が載っていたのですね。

日本書紀の方も、実際の話ではなくて、作り話と考えませんと、矛盾だらけです。

日本書紀は、正史でないとしますと、矛盾は無くなります。

景行天皇を悪く思わすために、熊襲の記事を書いたことになります。何のためにかと云いますと、古事記に書いてあることは嘘ですよと知らせる為に・・・・・。

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。