世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
震度5弱の地震 福島県と宮城県に津波警報
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161122/k10010777991000.html
上のアドレスで、テレビ画像が表示されます。
11月22日 8時35分

22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震があり、この地震で気象庁は福島県の沿岸に津波警報を発表しているほか、新たに宮城県の沿岸にも津波警報を発表し、高台に避難するなど警戒を呼びかけています。
続きを読む
22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、この地震で気象庁は福島県に加えて、午前8時9分に新たに宮城県にも津波警報を発表しました。

宮城県と福島県の沿岸で予想される津波の高さは最大で3メートルです。

以下 省略


この地震は、朝、6時頃、何の気もなしに、テレビのスイッチを入れましたら、画面は、上の様な画面が、表示されまして、「すぐに、避難してください」と連呼するアナウンサーの声が繰り返し放送されました。資料が全く無いらしく、地震は、5時59分に発生して事と。M7.3 津波が到達することです。「 東北沖の地震を思い出して下さい」 確か、東北沖3.11の時は、5分ぐらいで、津波は到達しましたから、あの時と同じ様に、10mの津波が到達すると、身体を硬直させて、アナウンサーの言葉を聞き続けました。
しかし、30分たっても、テレビの画像を見る限りでは、津波らしいものは映りませんでした。
1時間たっても、どのチャンネルも同じ様に、東北の沿岸に対しては、警報が出たままでした。 アナウンサーは、津波は遅れて到達することもありますから、兎に角、避難してくださいの連呼でした。
一番高い津波は、仙台港で、1.4mでした。 地震の被害は、あまり、報道されませんでしたが、津波による被害は少なかったようで、良かったと思います。

気象庁の津波警報が、間違っていたことになりますが、どこが間違っていたのでしょうか。
確か、「津波情報」をキーワードにして、検索をしました所、一瞬に次の資料が、表示されましたので、ここの数字は、自動的に、観測されて、人の手を介さないで、表示されたのだと思いました。津波の数字も、人が測量したのではなくて、自動的に測量して、表示されたと考えました。

 確か、この頃には、気象庁の人のコメントや安倍首相の記者会見があったと思います。
上記の記事では、
震源地の深さは、25kmになっていますが、私が最初にテレビを見た時の深さは、10km
になっていました。

深度10kmは、これまでの地震、東北沖地震、熊本地震、鳥取地震は、全て、10kmです。
震源地は海の中でしたから、気象庁の方は、直ぐ、三つの地震を頭に描き、津波警報に成ったのではと思いました。

 それにしても、知らないということは恐ろしいことです。テレビの映像では、地震のニュースなどは知らない人の車が、走り回っている映像が映されていました。

次の資料は、ワンクリックで、表示された各地の地震情報です。
11月22日9時11分現在 津波情報
岩手県 宮古 11月22日 7時07分(引き) 11月22日 8時09分 0.4m
岩手県 大船渡 11月22日 6時56分(引き) 11月22日 7時56分 0.4m
岩手県 釜石 11月22日 7時03分(引き) 11月22日 8時58分 0.2m
岩手県 久慈港 11月22日 7時25分(引き) 11月22日 7時54分 0.8m
宮城県 石巻市鮎川 第1波識別不能 11月22日 7時39分 0.8m
宮城県 仙台港 11月22日 7時09分(引き) 11月22日 8時03分 1.4m

「地震 震源地 深さ 10km」  で検索しますと、どうして、10kmf が問題になるのか、一杯、ヒットします。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。