世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
戦おう 誰と----トランプ氏 その11
 次の報道をご覧ください。
 日米首脳が北朝鮮非難 トランプ氏「米は日本と100%ともに」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK12H1W_S7A210C1000000/

 この報道は、何度も報道されました。
「トランプ氏と日米同盟をさらに緊密化し強化することで完全に一致した」と述べた。トランプ氏は「米国は同盟国の日本と100%ともにある」と日米連携して対処する方針を強調した。


本当だと思いますか

私は本当も嘘も無いと思います。

この報道は、「100%」の前に、次の文章が有ります。

北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、フロリダ州パームビーチにあるトランプ氏の別荘内でそろって記者会見した。首相は「断じて容認できない」と非難。

北朝鮮の弾道ミサイルは、アメリカに届くとしても、アメリカ本土が、無くなるわけではありません。
 日本のメディアは、北朝鮮が、アメリカと日本が、北朝鮮を封じ込める為に、談合をしているから、その効果を試すために、態々、安倍首相が訪米している最中に、弾道ミサイルを打ちあげたと報道しています。

では、アメリカが、アメリカに届く恐れが有るかどうかを報道したのかと云いますと、 韓国が代りに報道したことになります。

次の報道がそうです。

北朝鮮のミサイル「ノドン級と推定」 韓国軍関係者
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK12H3M_S7A210C1000000/【ソウル=山田健一】韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が12日朝に発射したミサイルについて、中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程約1300キロメートル)の可能性が高いとの見解を示した。現時点では、北朝鮮が試験発射の構えをみせていた「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の可能性は低い」と推定しているもようだが、確証は無く、引き続き分析を進めるという。
 韓国軍関係者によると、12日朝のミサイルは、高度約550キロメートルまで上がり、約500キロメートル飛行して日本海に落下した。昨年6月に発射した中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程3000キロメートル以上)の時の高度約1000キロメートルを大幅に下回る。
 以下、省略。

韓国軍合同参謀本部とは、どういう人達なのでしょう。
この人達は、ミサイルが上がった様子をどの様に調べて、どの様に分析したのでしょうか。 
 最後まで、読みますと、ミサイルはどのようなミサイルなのかは、判りません。

日本を刺激しないために、500キロメートル飛行して日本海に落下したと日本に気を使っています。
 私は、北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込む理由は、なに一つ無いと思います。500キロメートルは、韓国を想定した実験とは、全く思わないようです。

アメリカの脅威は中国とロシアしかないでしょう。その中国を先手で叩くには、グアムと韓国と日本に在る基地しかないと思います。

トランプ氏は、早速、6000人の軍人を募集したと発表しました。

この6000人の人達の配置先は、グアムと韓国と日本に在る基地でしょう。

一番に戦死を覚悟する戦場だと思います。


トランプ氏は、始めは、日本に対して、アメリカの駐留軍の費用を増やさないと、同盟関係を中止する。 その代わり、日本は、核武装をしてもよろしいと宣言していました。

逆ですね。韓国と日本は、アメリカの最前線基地です。
当然、全額、アメリカが持つべきです。

「米国は同盟国の日本と100%ともにある」は、中国向けの言葉です。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。