世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
報道機関のいじわる 加計学園問題 その2
 結果論になりますが、前川喜平前事務次官が指摘した書類は、政府は始めには、そのような資料は存在しないから、調査の必要は無いとツッパリ通しました。
 しかし、前川喜平前事務次官が追求した書類とは、少し違う様に思えますが、見つかりましたと政府は謝罪しました。

 見つかった記事には、「総理の意向だ」という部分は無かった様に思います。前川喜平は、如何にも、首相が、裏取引をして、お金をせしめた様な勢いでしたが、そうでは無かった様に思います。

 私が知らなかった 「ソンタク」という言葉が一人歩きしていました。

「ソンタク」という言葉をコンピューターで検索しましたら、表示されません。漢字は、
「部首 りっしんべん」ですと、表示されますが、他のキーワードでは、なかなか見つかりません。 「忖」
「忖度」という漢字をコンピューターで表示させるだけに、随分時間を取られました。

広辞苑ですと、「忖度」---「そんたく」
簡単に表示されます。 意味も書いてあります。
 意味は
「忖」も 「度も、はかる意」
 他人の心中をおしはかること。推察。 「相手の気持ちをーする」

たった、これだけの説明ですが、「忖度」という言葉、外国にはない言葉ではないでしょうか。 相手の気持ちを損なわない様に、「相手の気持ちをーする」に考える事の様です。
 知らない相手でも、思いやる心を持っているのが、日本人の良い所だと思います。

 所が、テレビでは、度々、「ソンタク」という言葉登場した様に思います。
安倍首相は、加計学園の学長が、よく知っている人だったので、お逢いした時に、学長が、安倍首相に、少し、後押しを依頼し、引き受けた様なことを書いた文書を私は確かに、見たのだ。 前川氏は、自信満々で、政府を追及しました。
前川氏は、そのような行為は、何時、何処でとは云わないで、強気で発言しました。 その様な事実は無かったから、そのような文書は存在する筈はないと、内閣は発表していましたが、前川氏は、確信を持って、記者会見に応じていました。

その前川氏の気持ちを推し量って、「ソンタク」があったのは、記者が言い出したことなのでしょうか。

 頼りない私の記憶では、前川氏の言葉には、「ソンタク」は無かった様に思います。
「いくらでも、私は公開の場で、対決する」とは言われなかったですが、自信の満ちた会見をされている前川氏の映像を見ました。 これは、前川氏の発言が正しくて、いくら、政府が、そんな文書は有り得ないと、逃げていても、逃げられないであろうと思っていました。
 しかし、もっと、詳しいことを暴露するような勢いだった前川氏の対決は、その後、有りませんでした。
 どうしてかと言いますと、奥歯に物がはさまったような言い訳をしながら、政府は、文書を提出したからです。
 その後は、喜んだのが、報道機関です。 見つかった文書は、間違いないですから、「ソンタク」などの言葉無いのに、一杯、メディアの都合良い理屈を並べて、政府を批判しました。
 サンケイ新聞では、確か、この後出しの行動は、国民の40パーセントの人は、がっかりして、今度の都議選では、影響がでるだろうと記事を書きました。

 この私の記憶は、間違いでしょうか。
あまりにも、熱心にいろいろのテレビ局の記事もみましたから間違っているかも知れません。
 見つかった文書からは、安倍首相が、お金を貰って、「ソンタク」に値するようなことをされたという内容は有りませんでした。
しかし、 テレビ局の多くは、責任を取って、首相は辞めるべきだと報道した様に思います。

私は、「忖度」という国民は、知らない言葉が独り歩きしたとい事は、メディアの人は、良く知っていたのだと考えました。
 所謂、政治用語ではないでしょうか。

記者にそのように思わしたのは、前川喜平前事務次官では無かったでしょうか。前川氏、
事務次官をされていましたから、この謎の文章を見た途端に、「閃いたのでしょう」。その前川氏の発言から、「忖度」という言葉が、一人歩きしたように考えます。

 私は前川氏の思い違いで、その上を行く記者達の思い違いで、とうとう、政府は降参しました。
 「忖度」があったことは、仲間内で、なあなあと進んで行ったと考えるしかありません。

 なにしろ、国民は、安倍政権のいい加減さを、国民に知らしめたのですから、大成功でした。

ところで、話題は変りますが、獣医学部は、ここ50年来、創られたことがないと報道しました。
 本当に、必要無い獣医学部の創設を頼まれた安倍首相は、簡単に、加計学園の人達に乗せられたのでしょうか。 
次回、検証してみます。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。