世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
東京都議選の予想は、メディアの期待通り
自民、歴史的惨敗 議席半減
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170703/k00/00m/010/161000c
 
東京都議選(定数127)は2日投開票され、小池百合子知事が代表の「都民ファーストの会」は49人が当選、追加公認を合わせて55議席を獲得し、都議会第1党に躍進した。選挙協力した公明党などの支持勢力と合わせて79議席となり、過半数(64議席以上)を大きく上回った。自民党は「加計(かけ)学園問題」や都議選応援での稲田朋美防衛相の問題発言などもあり、現有57議席から半分以上減らし23議席となる歴史的惨敗。公明党と同議席数となり、政権に大きな打撃を与えるのは必至となった。投票率は前回(43.50%)を上回る51.27%だった。

上記の文章は、許可無しでコピーしました。
前回に、2回にわたって、メディアが狙った報道の事を書きました。
 次の三つの事件(メディアの捉え方は、事件だった?) メディアを喜ばせる事件だったと思いました。
①「加計学園問題」
②豊田真由子議員 ハゲー騒動
③都議選応援「防衛省、自衛隊として」 稲田氏、後に釈明

徹底的に、政府を叩いたと思われる激しい報道でした。

サンケイは、今度の都議選では、自民党は40%の議席しか取れないだろうと書いたように記憶しますが、私の記憶違いかも知れません。
 しかし、上の記事は、メディアの予想通りとなりました。ピタリ的中です。

 流石の都民も、このいい加減な自民党をやっつけないといけないと思われたのでしょう。投票に行かれた事になります。

上の記事は、マイニチが、今回の選挙の結果を報道しただけです。前に書きました記事は、サンケイが、「加計学園問題」の事件が起こった時点で、40%を失うと報道しましたから、洞察力は、たいしたものです。

ただ、その後、②と③があり、メディアはここぞとばかり、自民党というよりは、安倍首相の責任を追及しました。
 
 これは、自民党を叩きつぶすでは無くて、安倍首相を降ろすということを狙ったと考えました。
こんな嫌らしいことを考えるのは、私だけかと思いましたら、前回投稿した同じ日に、サンケイの朝刊に、同じ内容の記事が掲載されていました。
 こんな嫌なことをサンケイ新聞は、掲載されたということは、少し位は、チョィト、叩き過ぎたかなと思われたかなと思いながら、読みました。

この40%の数字は、②③の報道が無かった時の数字ですから、サンケイのいじめは、効果があったことになります。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。