FC2ブログ
世の中で起こる おかし~なと思ったことを書いてみます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
箕面市長選挙
大阪府箕面市では、8月に市長の選挙が行われます。
おかしな記事を見ましたので、書いておきます。

*********-------**********---------***********------**********

選挙:箕面市長選 元職員の倉田氏、立候補を表明 /大阪
 任期満了に伴う箕面市長選(8月17日告示、24日投開票)に、新人で元箕面市政策総括監で総務省情報通信政策局課長補佐の倉田哲郎氏(33)が22日、無所属で立候補することを表明した。
 倉田氏は「緑と共生し、箕面を子育て日本一のまちにしたい」と話した。具体的には、現行で4歳まで助成している乳幼児の医療費を無料化し、未就学児まで拡大することを挙げた。
 倉田氏は静岡県出身で東大卒。旧郵政省(現総務省)に97年入省。03年から2年半、箕面市に出向し、行革や法制などを担当した。
 1期目で現職の藤沢純一市長(59)は、今のところ立候補表明はしていない。【川端智子】
毎日新聞 2008年4月23日 地方版


どうして、この話を毎日新聞の人が知ったのでしょう。

もう一つ、自由民主党大阪府支部連合会という団体があります。
この団体のホームページhttp://www.osaka-jimin.jp/senkyo/kokuji/0808_minoh.html
に、選 挙 情 報があり、 箕面市議会議員選挙と 箕面市議会議員選挙のページがあり、各立候補のメンバーと写真がありました。
市長候補の倉田哲郎氏(33)の顔写真の下に、名前がありましたので、クリックしましたら、
「中記者クラブでの記者会見(22日)を受けて、朝日新聞、産経新聞、毎日新聞、読売新聞に、8月の箕面市長選挙への倉田哲郎の出馬表明が報道されました」とありました。

自民党の人は、田野政党の人よりマシですが、大阪府の自民党の人、全員で、33歳の人を箕面市の市長にしようという気持ちが判りません。
 大阪府知事のときもそうでしたが、本当に、大阪をどのようにしたら良いのか、今回は、箕面市をどのようにしたら良いのか考えられたのか疑問に思っています。
 真面目なんでしょうね。 箕面市を任せても大丈夫なんですね。
知事は、子供が笑える大阪府と云われましたが、 本当にあんなことを考えておられるのでしょうか?
考えるまでもありません。今の大人がしっかりすれば、子供も老人も心配ありません。面白くもないのに、笑ってなど居れません。

そのためには、40歳から55歳の人が、働き安い町にするのは当たり前です。
33歳で、この人たちの心がつかめますか?
緑など、これ以上必要ありません。 働けなくなった人には、優しく接するのは、当たり前のことです。

26歳で、誰でも殺したいと思うような人がでる町はごめんです。75歳過ぎて馬鹿にされたと怒らないで、後、10年もう一回、働いてみましょう。勿論、身体は、75歳ですから、年相応の働きしかできませんが・・・。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

倉田哲郎市長はいい人です
三年前、池田から箕面に引っ越しました。最初に気付いたのは、市役所や市民体育館の駐車場が無料だったこと(池田市は市役所・五月山体育館の駐車場は1時間200円)、北急延伸を決めたのが倉田市長でした。また市内に温水プールを作るという公約をつけてくれたので、2016年の箕面市長選挙で倉田市長に投票しました。
池田市の倉田薫市長もいい人ですが、箕面市の倉田哲郎市長はもっといい人です‼
よう | URL | 2017/01/10/Tue 21:28 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© おかしな世の中. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。